葉酸サプリママニックの成分を徹底解剖!無添加?天然?安心?


葉酸の中でも最も効果的なモノグルタミン酸型の葉酸サプリメントのママニック。
ママニックを愛用している方は授乳中だったり、妊娠中だったりと赤ちゃんの事を思って摂取している女性が圧倒的に多いです。

 

デリケートな赤ちゃんだからこそ、良いものを与えてあげたいですし、食の安全が気になる昨今。成分なども気を使いたいですよね!
そこで、ママニック葉酸サプリの成分などを詳しく解説します!

 

徹底解説!配合されている成分を詳しくチェックしてみた


ママニック葉酸サプリは製造過程でもこだわり抜いた安全性の高い葉酸サプリメント。
かといって、実際どんな成分が配合されているのかって気になりますよね。

ママニック

ママニックの原材料をまずはチェック!

還元麦芽糖水飴、デキストリン、亜鉛含有酵母、酵母(銅含有)、乳糖、酢もろみ乾燥粉末、発酵黒タマネギ末、ザクロ果汁末、大麦若葉末、酵母(モ リブデン含有)、酵母(ビオチン含有)、ライチ種子エキス加工粉末、鶏冠抽出物(ヒアルロン酸含有)、ケール末、さつまいも(アヤムラサキ)末、イチゴ種 子抽出物、有胞子性乳酸菌、酵母(ヨウ素)、酵素処理燕窩末、ほうれん草末、南瓜末、人参末、桑の葉末、大葉末、未焼成貝殻カルシウム、セルロース、ビタ ミンC、クエン酸鉄Na、ステアリン酸Ca、ナイアシン、パントテン酸Ca、ビタミンD3、ビタミンB1、ビタミンB6、L-ロイシン、葉酸、L-イソロ イシン、L-バリン、ビタミンB12、光沢剤

原材料は入っている量が多いものから順番に記載するようになっています。

 

ママニックの現在料で多くを占めているのが「還元麦芽糖水飴」という成分のようです。
これは別名ではマルチトールと呼ばれる事があります。摂取カロリーが少なくダイエット製品の低カロリー用品に使われる事が多い物です。
砂糖に比べて食後の急激な血中濃度上昇が起こりにくい事から糖尿病患者向けの還元麦芽糖水飴を使ったジャムなども販売されているそうです。

 

原材料を見ていると野菜や果物の名前を良く見かけますね。

 

これはママニックに配合されている栄養素!
ママニックには国産野菜8種類、美容成分8種類が配合されています。

 

国産野菜には

  • 大麦若葉
  • ケール
  • さつまいも
  • カボチャ
  • ほうれん草
  • にんじん
  • 桑の葉
  • 大葉

の8種類が配合されています。

大麦若葉とケールはよく青汁の原材料となっている葉です。桑の葉はよくお茶にされている葉っぱです。

 

最近では桑の葉のお茶を飲むと便秘改善・ダイエット・二日酔い予防・メタボ予防・糖尿病予防という5大効能があるという事が分かり、食事のお茶や飲み会の後などに飲む方が多いそうですよ!

 

美容成分には

  • 有胞子乳酸菌
  • ツバメの巣
  • 黒酢もろみ
  • 発酵黒玉ねぎ
  • ザクロ果実
  • ライチ種子
  • イチゴ種子
  • ヒアルロン酸

の8種類が配合されています。

有胞子乳酸菌とは胞子を形成するタイプの乳酸菌の事です。
死滅する事がなく、乾燥や熱や酸にもとても強く腸まで届くと胞子は発芽する事で活発に繁殖する事が出来るという優れた乳酸菌の事!とっても強い乳酸菌なんです。

 

ツバメの巣って普段食べる事がないからどのような効果があるのかってあまり知らない方も多いですよね。
ツバメの巣はアンチエイジング効果が高い高級食材!食べてよし、塗って良しの万能食品です。

 

ツバメの巣には「シアル酸」という成分が含まれています。シアル酸は細胞に何かをくっつけるのを助ける役割をしてくれるのですが、細胞と細胞の伝達をする役割を果たすシアル酸は美肌の司令塔とも言われます。

 

ヒアルロン酸とコラーゲンを必要な場所に誘導してくれる為美肌効果も期待出来るという優れもの!

 

それ以外でもウイルスや細菌が体内に入ってきた際にシアル酸がウイルスとくっついて、免疫細胞に除去するように指令を出してくれるそうですよ。

 

よくサプリメントなどに美容成分だとか、栄養成分が沢山入ってて体に良い!という広告をみますが、実際聞いたことがない成分ってたくさんありますよね。
ママニックはメジャーな野菜や成分を多く使用しているのが特徴です。

 

 

ママニック、何が無添加なの?

ママニック

無添加ってそもそも何が入っていないものが無添加なのか知っていますか?
これは食品と化粧品では基準が違います。

 

化粧品は、石油から合成された成分、香料、防腐剤、合成界面活性剤など102種類が含んでいないものを無添加化粧品と呼びます。

 

食品に置いては、甘味料・香料・着色料・保存料・酸化防止剤などが含まれていない物を無添加と呼びます。

 

ママニックの原材料をチェックするとこれらは入っていないので、無添加の葉酸サプリメントという事です。

 

ママニック

※必見!こういうサプリに騙されるな!

 

食品やサプリメントに置いてイメージアップの為に「着色料無添加」や「保存料無添加」などと書かれている商品があります。

 

一見すると、これは無添加で安心!と思うかもしれませんが着色料や保存料だけが配合されていないだけで実は他の添加物が入っている可能性が高いので、商品の原材料はしっかりとチェックしてくださいね!

他の葉酸サプリとママニックは何が違うの?ママニックのオススメ成分は?

ママニック

ママニックの凄い所は無添加である事はもちろんなのですが、美容成分である「ツバメの巣」。これが他のサプリメントでは入っていない事が多いです!

 

ツバメの巣はとても美容効果が高いので、摂取出来るのでしたら是非摂取したい成分なのです。

 

また、ママニックでは放射能検査もしっかりと行っているので赤ちゃんに渡るという点でも安心してOK!全体的の栄養量をチェックしても妊娠中や授乳中に必要な鉄分・カルシウム・ビタミンなどがとてもバランス良く配合されており、過剰摂取する事がないようこだわっている葉酸サプリメントです。

 

総合的に判断してもママニックは是非オススメしたいサプリメントです。

 

ママニック

1つデメリットを上げるとしたら、葉酸が合成葉酸使用しているという事。

しかしモノグルタミン酸型の葉酸は合成葉酸なのですが吸収率か抜群に高いのがポイント!

 

合成の葉酸だからといって体に危ないものではありません。
厚生労働省では天然の葉酸よりモノグルタミン酸型の葉酸の摂取を奨励しています。

 

効率良く、しっかりと赤ちゃんに栄養を与えたいのであればモノグルタミン酸型の葉酸がオススメです。

 

 

ママニック

モノグルタミン酸型の葉酸のメリット・デメリットはコチラ