ママニックの全成分を徹底解析!リニューアルで何がかわった?

ママニックの全成分

ママニックの原材料<リニューアル前>


還元麦芽糖水飴、デキストリン、亜鉛含有酵母、酵母(銅含有)、乳糖、酢もろみ乾燥粉末、発酵黒タマネギ末、ザクロ果汁末、大麦若葉末、酵母(モリブデン含有)、酵母(ビオチン含有)、ライチ種子エキス加工粉末、鶏冠抽出物(ヒアルロン酸含有)、ケール末、さつまいも(アヤムラサキ)末、イチゴ種子抽出物、有胞子性乳酸菌、酵母(ヨウ素)、酵素処理燕窩末、ほうれん草末、南瓜末、人参末、桑の葉末、大葉末、未焼成貝殻カルシウム、セルロース、ビタミンC、クエン酸鉄Na、ステアリン酸Ca、ナイアシン、パントテン酸Ca、ビタミンD3、ビタミンB1、ビタミンB6、L-ロイシン、葉酸、L-イソロイシン、L-バリン、ビタミンB12、光沢剤

ママニックの原材料<リニューアル後>


還元麦芽糖水飴、デキストリン、亜鉛含有酵母、酵母(銅含有)、乳糖、黒酢もろみ乾燥粉末、発酵黒タマネギ末、ザクロ果汁末、大麦若葉末、酵母(モリブデン含有)、酵母(ビオチン含有)、鶏冠抽出物(ヒアルロン酸含有)、ケール末、さつまいも(アヤムラサキ)末、ライチ種子エキス加工粉末、イチゴ種子抽出物、有胞子性乳酸菌、酵素処理燕窩末、ほうれん草末、南瓜末、人参末、桑の葉末、大葉末/未焼成貝殻カルシウム、セルロース、酸化マグネシウムピロリン酸第二鉄、ビタミンC、ステアリン酸Ca、加工油脂、ナイアシン、パントテン酸Ca、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB1、L-ロイシン、葉酸、L-イソロイシン、L-バリン、ビタミンB12

※原材料は使用料が多い材料の順に表記されています。

 

ママニックの栄養成分

 

リニューアル<前>

リニューアル<後>

推奨摂取量

葉酸

400μg

400μg

640μg

10mg

15mg

6.5mg

ビタミンB6

1.1mg

1.1mg

1.2mg

ビタミンB12

2.1μg

2.1μg

2.4μg

ビタミンC

36mg

35mg

100mg

カルシウム

250mg

250mg

650mg

※妊娠中の方は初期・中期・後期で推奨摂取量が増えます!

 

ママニックのリニューアルで追加された成分とは?

 

ママニックは2017年9月にリニューアルされました。
実際どんな成分に変更や追加がされたのか、詳しく解説します。

鉄が10mg→15mgに増量

妊婦さんに必要な鉄が10mg→15mgに増量したことがリニューアルの大きなポイントになるでしょう!
増量したことで妊娠中期以降も飲める葉酸サプリになりました。
※鉄は妊娠中期や後期になるとリニューアル前の10mgでは足りていませんでした。

 

ビタミンB2追加

ビタミンB2が追加されたことでビタミンB群がすべて配合されました^^
これで、葉酸以外はすべて栄養機能食品の基準をクリアしたことになります!

 

酸化マグネシウム追加

マグネシウムが配合されたことで、朝のモヤモヤ感も軽減されます^^
さらにカルシウムと一緒に摂取することで、カルシウムの吸入を良くしてくれる効果やビタミンB群との相性も良くエネルギー代謝を活発にしてくれる効果もあります。

 

光沢剤→加工油脂に変更

光沢剤をやめ、加工油脂を使うことで粒を固めると同時に光沢剤の代わりになってくれています^^
※トランス脂肪酸は含まれていません。

 

酵母(ヨウ素)排除

海藻や魚介に含まれる栄養素ですが、酵母(ヨウ素)は摂取しすぎに注意が必要な栄養素です。
海に囲まれた日本は、ヨウ素不足になりにくいので排除されても問題ないでしょう^^

 

ママニックの成分記事一覧

葉酸の中でも最も効果的なモノグルタミン酸型のママニック葉酸サプリ!ママニック葉酸サプリを愛用している方は授乳中だったり、妊娠中だったりと赤ちゃんの事を思って摂取している女性が圧倒的に多いです。デリケートな赤ちゃんだからこそ、良いものを与えてあげたい!だからこそ食の安全が気になる。成分なども気を使いたいですよね!そこで、ママニック葉酸サプリの成分などを詳しくご紹介します。30%OFFでママニック葉酸...

体内へ吸収率が良いモノグルタミン酸型葉酸サプリメントのママニック葉酸サプリ。他の葉酸サプリとは違う大きな特徴は、原材料成分を見ると「有胞子性乳酸菌」という成分が入っているということです。乳酸菌と有胞子性乳酸菌?いったいどのような効果があるのでしょうか?そもそも、葉酸サプリになぜ腸の調子を整える乳酸菌が入っているのでしょうか?その点をわかりやすく解説したのでぜひ参考にしてください!便通を良くするママ...